今自分が師事しているアイアンガーヨガの先生に月1回北九州まで来てもらって1日レッスン(10時から17時)をしてもらっている。

治療中の身としては少しきついのだが、やると体だけではなく、以前はあまり感じなかったのだが、気持ちが安定して落ち着くような変化を感じるようになった。

生きていく為には色々なものを受け入れる力が必要だ。求めるのではなく、在るものを受け入れる力。

そういう姿勢が大切なのだとつくづく思う。

体を観ている意識が、体の中心軸が体の中心にないと気がつく。そして調整が始まり、中心が合わさった時に外に向いていた意識が内側にむき出す。

すると外に向いていた求める気持ちがふと消える。

その力の大きさ、強さを実感する。

1度でも体験すると、その気持ちを意識的に作り出す事も出来るようになる。

ある時外に求めている意識を観ていると不満を口にしている事に気がついた。現状への不満が求める技持ちへと変化していたのだ。

その力を感謝の方へと変えていく。

ここ数ヶ月レギュラークラスからの参加者が固定してきてくれている。

とても嬉しい事だ。

ヨガに対する熱量を上げる事もクラスをしている目的の1つである。5つのエレメントのうちの1つ、火のエレメント。

普段のクラスで基礎が出来上がってくると、この一日のクラスがさらに自分を別の世界へ連れて行ってくれる。その事に気がついてくれると嬉しい。

さらには海外からの先生のワークショップなどにも参加するくらいの熱量をもってヨガに取り組んでくれるように指導していきたい。

ステップバイステップで、更なるクラスが用意されているのは学ぶ者にとってはとても良い事だと思う。

その手助けをどうしていくのか、常に考えていきたい。