アサナをしていると体の硬い方ばかりに意識を取られてしまいます。ラジャスティクになりすぎて反対側がタマスティクになってしまいます。

両方のバランスを取って軸を中心(背骨のところ)にもどすことが大切で、軸が中心な戻るとその上に載っている脳が安定して不必要な緊張はとれてパフォーマンスは上がってきます。

なのでヨガの最初の段階で言われているのは、横と縦の広がりを作りなさいという事です。

まずは横の広がりを作る必要があります。作るというよりも感じるという事です。

股関節、肩関節でバランスを観ながら肩甲骨、肋骨下部(横隔膜)、腸骨の内側。左右の広がりバランスを観ていきます。

そして縦の伸びを作りながら横の広がりを保っていきます。

横方向の制限が取れていくと縦方向にエネルギーが流れ出すからです。

だからトリコーナアサナやビラバドラアサナ2など横の動きから始めるのだと今は考えています。

これらが左右ちゃんとバランスが取れてサットバの状態を作っていく。

サットバの状態を作りだすのがヨガの1つの目的です。

だからアライメントが大切なのだと言っているのだと練習をしていて気づきました。

また体の内側や呼吸に意識を向け続けると瞑想状態に導かれて内観が深まっていきます。