アライメントの探求(脚)

脚の柔軟性と左右のバランスがとても大事だ。何故なら身体は脚の上に載っているからだし、毎日酷使し手入れもあまりしない部分だからだ。あまり手入れをしないと、筋肉はガチガチになり、動かなくなっていく。そうなると怪我をするリスクも増え骨盤から上へもどんな影響がでるのかを考えると見過ごす事はできない。

レッスンの中で、良く「膝内踵、膝外後ろ」と指導された。全てのポーズで言われたわけではないのだが、この言葉を深く考え、全てのポーズの中でやってみる事にした。

膝内は踝を通って踵に至る。立ちポーズをすると自重で、このラインが潰れるのだ。ふくらはぎが外に発達し、このライン上の筋肉があまり使われていないのが分かる。

さらに、このライン上に脛骨、骨があり集中していくと骨すら感じれるようになっていく。

この部分をしっかり作る事で大腿部に力が入ってくる。

そこで膝外後ろという言葉が出てくる。

ヨガは身体を使った意識のトレーニングであり、意識と身体が重なりあった時に今まで気づかなかった何かが見えてくる。