矢野 洋

中学生の時に陸上で全国で100傑にはいる。それまでは遅くて何事もダメだったが努力すれば花開くという事を知る。

高校では練習と団体生活が嫌で記録が伸びないが3年になってやる気を出したら、記録も伸び始め嫌いな練習も好きになった。やる気次第でまた、何か得意な事が出来ると他の事にも自信が湧いてくるのだと知った。成績も変わるのだと知った。

大學時代に友人の影響で中国に1人旅をする。人との出会いが大切な事を知る。

卒業後、アジアを旅し精神世界を知る。ヨガに出会い独学でヨガを始める。1992年にアイアンガーヨガと出会う。
ミャンマーで得度をしヴィパーサナ瞑想を学ぶ。
ヒプノセラピーを和のやすらぎ「枝」でまなぶ。
クレニオセクラルワークを伊豆の天籟で故九嶋正廣氏から学ぶ。
アバターコース、マスターコース、プロコース、ウィザードコースを受講。
2000年にはいり九州へ移住したのをきっかけに、再びアイアンガーヨガを基礎から学び始め2014年に指導員の資格を取得。
2018年大腸がんになり自宅療養をしながらヨガの指導を続けている。

アイアンガーヨガ認定指導員
ヒプノセラピスト
クレニオセイクラルワーク、プラクテショナー