シンキングボール(チベタンボール)を演奏する人から、ヨガとコラボで何かできないかという話がきた。シンキングボールがどんなものなのか知らないので、聞かせてもらった。

想像していたものとは違って音が身体の中に入ってくるように身体の中が振動していく。人間の身体は水でできているのだ。

あらためて思った。

では、どんなヨガをしていけば良いのか?
直ぐに思いついたのが、動きの少ないリストラティブヨガだ。道具を使いリラックスした状態でポーズを維持していく。

リカバリー系のポーズはその振動が、身体の中に伝わっていくのがよくわかる。その事で注意が自分のより深いところまで入っていく。そして緊張がより解れていく。
リカバリー系以外のポーズや真に硬くなってしまった部分にも岩を振動で崩していくような働きがある。

リストラティブヨガだけでも効果はあるのだが、音を加えることでさらに効果は倍増していく。
音というのは不思議なものだ。
ぜひ、皆に味わってもらいたい。