ヨガとセラピー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前クレニオセイクラルワークを学んだ時、最初のワークがダイアグラム、横隔膜などの身体を横に走る組織の解放だった。

ヨガでも同じように縦に流れるエネルギーを横に走る組織がブロックしないように緩めていくという。

プロップスを使ったり、アジャストして力で持っていくのではなく、意識する事によって拡がりを作っていく作業がヨガだという。

同じ事をしている事に、今更ながら気づいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA