ヨガ遍歴4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

帰国をしてヨガを伝えようと決めたものの、どうしたらよいのか全く分からないまま、ニートの状態が2ヶ月続いたある日父親が自衛官の地連の人をつれてきた。自衛官の勧誘に来たのだ。

流れに任せて自衛官になった。規則正しい生活、体力作りに励みながらベッドにコンパネを入れてもらい、毎朝ベッドの上でヨガをした。

任期途中で自衛官を辞め、北海道でオフロードのバイクを買い、日本列島を南に旅し鹿児島から奄美、沖縄本島、宮古島、石垣島まで旅をした。

旅を終え、仕事を探している中でスポーツクラブの、水泳コーチをしようかと面接に行った。そこでそこの面接官に「この仕事は好きでないとできないよ」と言われ、好きでないとできないのなら、ヨガの仕事をしようと決めた。

インドでヨガを伝えようと決めてから2年半の月日が流れていた。ヨガ教室といっても何がどこにあってどんな状況なのか全く分からなかった飛び込みで吉祥寺にある教室に入ったら新宿に本部があるといわれ後日そこの教室に行き指導員養成コースに、入門する事になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA