立ち姿勢について

ある合気の人のブログを見ていたら、「一芸は諸芸に通ずる」という宮本武蔵の言葉が載っていた。

この言葉はヨガを始めてから、いつも頭の片隅にあった。

さらに五輪の書から立ち姿勢について書かれている文書を読んで、ヨガで教わった事と同じ事が書かれていた。

ちょっと興奮。

照らし合わせる事で、今まで疑問に思っていた事に答えが見つかった。

それは膝下の脚の使い方。

他の身体研究の人も言っていた事なのだが、その理由が分からなかった。

膝下から踵が大事なのだ。

今やっているアライメント。

膝下も左右差を取っていく。

そうすると腿の動きが変わってくる。

あとはもう少し練習を積んでみるだけ。