十人十色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

家の前の田んぼの後に、今の季節になるとひばりの鳴き声が聞こえてくる。しばらく見ていると、大きな声でで鳴きながら真上に上昇し、高く飛び上がると、後は疲れたように落ちてくる。いったい何をしているのかしら?と思う。あとで思い返すとおかしくあり、楽しく感じてしまう。

教室など数人でヨガをしていると、どうしても他人と比べてしまう時とかがある。エゴが顔を覗かせる瞬間である。アイアンガーヨガをしているとポイントを押さえる事を覚えるので他人の事もよく見えてくる。それが上手く?発動している時は他人の欠点に目がいき、下手に?発動している時には自分の自分のできなさに目がいったりする。しかし、見るべきところはそこではなく、自分のエゴだ。

そのエゴとどう向き合っていくのか?それがヨガだ。力で押さえ込むのではなく、観察し気づく事によって手放していく。執着、こだわり、欲、などから解放させていく事が瞑想である。こういう方法をクラスの中で身体を使って身につけていってほしい。その為に色々な観点、アプローチがヨガのクラスの中で与えられているのだ。

10人いれば10種類のヨガがある。1つの価値、1つの結果にこだわる事なく、自分自身の価値を見つけていく。だから、子供が大きくなったら家を出ていくように、ヨガの世界でも基本を身につけて成長したら巣立って、自分の価値を高めていき成長していけばいい。それが自然だと思う。

色々な生き物がいるように、日本人という価値観さえ乗り越えて、1人1人が生き生きとした世界が作られていけば好い。話が大きくなってきたので終わり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA