左右差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

センターを意識して練習をしていると左右差がとても気になりだす。

硬いと感じる側をしっかり伸ばしていこうと考えてしまう。

練習をすればするほど左右差が生まれてくる。

身体の右側が左側の先生であり、左側が右側の先生になるようなやり方をしていく。

右も左も同じ注意の量を注ぐ事で左右差が均等になっていく。

注意の量が同じになっていくということはプラーナ、エネルギーの量が均等になっていく。
ある程度弱い側に力がついてくると、強い側をそれまでと違った視点で見る事ができる。

硬い側、強い側は今まで身体を支えてきてくれた。

でも今までのような使い方をしなくてよいのだと気がついた途端、硬い側の使い方が違っていた事に気づく。

分かっているようで分かっていない事に出会う。

とても新鮮な事だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA