膝立ちで行うアサナの意味は何だろう?と、思った。

日々の練習の中で少し書いたが、身体の上半身と下半身が繋がっていないといけない。1部分にだけ負荷をかけ過ぎるのは故障の原因にもなって身体を痛めてしまう。アヒンサーにも通じる事でもある。

また一点集中ではなく拡散集中していく事で意識を広げていく事にもなる。

立ち姿勢と膝立ちで身体を感じてみると全然感じ方が違う事に驚かされる。

膝立ちのアサナでしっかりアライメントを意識してやる事で脚を伸ばしたスタンディングのアサナの理解が深まっていく。

アサナの事ばかりを考えてやっていると、忘れがちになってしまう身体の事。補助的に見えるアサナにはそれなりの意味があるのだと教えられた。