ツイッターを読んでいたらこんな記事が見つかりました。アメリカ在住の癌研究者で医者の方のようです。

日本人は食事による癌予防の話が大好き。マスコミでも頻回に扱われます。そのため、その効果を過信している人が多いです。健康的な食事が予防につながるのはごく一部で、その効果も絶大というわけではないです。

原因を過去の行いに求めるのも違っていて、原因は未だ確定していないというのが本当のところなようです。

病院で受ける癌治療にも同じ事がいえるのではないでしょうか?

原因の究明、寛解というのはまだまだ未知の世界。

医者がやっている事も正しいとはまだ証明されていない。もしかしたら全く違う道を歩いて行っているのかもしれない。

ゴールにたどり着いて初めて分かる事。

世の中そんな事がたくさんあるのかもしれない。

100パーセント自信を持って正しいといえる人なんていない。

それにしても、副作用でちょっとした事ですぐ疲れてしまう。とりあえずやれる事をやるしかない。それが当事者にできる事