子供が本屋に行きたいというので、車で行ってきた。

何か読みたい本があるかなぁと思って本を眺めていた。本の背表紙を眺めてあるだけでストレスが解消される時もあった事を思いだしながら眺めてみる。以前興味があった本も手に取る気さえおらない。

病気前と後では興味の対象が変わってしまった。

以前は自分にとって生きていく為には何が必要なのか、何が大切なのか、という観点から物事を観ていた。

でも死というものを身近に感じてからは、本を読む気にならない。

昨晩夢で、攻めてくる敵と戦っている夢を見た。そして最期は、「もういいや」と思い敵にやられていくところで目が覚めた。

ある意味、もういいやと思いながら、思いきれない自分がいて、まだ必至にもがいている。

何ができるのか?考えているわけではないが、ヨガと料理ばかりしている。

今日はりんごのクイニーアマン🍎を作った。

ヨガをして料理をして1日が終わる。

本当にもういいやと思えた時に、もっと楽になるのかもしれない。