癌になる

2週間前、3月8日、お尻からイボのようなものが出ているのを見つけて市販の痔の薬を買って飲んでみたが全然良くならず、大きくなってきたので12日に家族がかかりつけの医者に行ってきた。

先生は触診でイボではないことを発見して大腸の中を内視鏡で見てくれた。

カメラに映る自分のお尻の中はびっくりするほど汚かった。

それを見た先生は即座に癌だね。と告知した。

こんな簡単に告知をするのかと思ったが、命に別状はないので告知したのだろう。

それから大きな病院の紹介状を書いてくれた。

癌かもしれないとも思っていたが、癌家系でもないし癌になんかなるはずがないと思っていたからショックだった。その晩はなかなか眠れなかった。

まぁ痛くて眠れない日も多々あったので別に問題ではなかった。

1週間後の19日、月曜日、小倉にある医療センターに紹介状を持って行ってきた。

そこの先生は痛がる自分のお尻に指を突っ込んで触診をした。

癌らしくない癌だという事だったが心電図、血液、CTの検査をして、リンパに転移があるのを診て癌だと言った。

そして手術に向けて準備をしましょうという事になった。

問題なのは人工肛門、ストーマになるという事だった。

ヨガはできるのだろうかという事がまず頭に浮かんだ。

そして、病気などをあまりしないで健康であるという事を過信していた。

昔ネパールを旅していた時、観光地で現地のヨギが寄ってきて病気だからと言ってお腹を見せてくれた。お腹に五百玉くらいのコブができていた。そして当然のように薬を買うからお金をくれと言ってきた。

ヨギなら自分で治せ!

と思ってお金を上げないでその場を去った事を思いだした。

ヨガをしていて癌になるなんて、自分を見つめ直す良い機会なのかもしれない。

2018年3月26日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA