神経伝達治療(NTA)を受ける

身体の不調がここのところ続いていて、知り合いの紹介で神経伝達治療を受けに長崎県の諫早まで受けに行ってきた。遠くからも患者が来るような治療院で大分ナンバーの車が停まっていた。

身体のバランスを治し、心の話をしながら施術をしてもらった。

結局、色々考えすぎていてそれが腎臓を悪くしているといわれた。

なんでもほどほどにという事だった。

ほっといて

どうでもいい事

ほっといて

どうにかなるさ

という事らしい。

感情のエネルギーで身体は動くからマイナスの感情で身体を動かしていると身体に負担がくる。

マイナスのエネルギーで動いている事が多々あったのかと思い出してみた。

そうすると思い当たる節がある。

なんとかしようとしても何ともならない事が、心と身体を蝕んでいく。

そういう人は自分だけではなく本当に多くの人がそうやって自分を苦しめているそうだ。

それでも頑張れとこの社会は言っているのかもしれない。

頑張ればなんとかなると。

もっと努力をしろと。

これからの人生、中道を目指していくのも新しい道なのかもしれない。