手術後6日目。

ベッドの上の生活も慣れてきた。

特に暇を感じる事もなく本を読んだりテレビを観たりしている。

根っからの怠け者には極楽、極楽だ。

まだ何か作業をする気にはなれない。

立ち上がると頭がボーッとする。

なので今日はいつもより少し長く歩く事にした。

歩行禅だ。

運ぶ脚に合わせて『みぎあ~し、ひだりあ~し』と交互にラベリングをしていく。

身体がポカポカしだしてくるまで歩いてみた。

頭が少しだけスッキリしてきた。

身体を動かす事はとてもいい事なのだ。

時間があるのでヨガの事も考える。

ヨガを初めた頃は知識がないので、どのようにヨガをしたら良いのか分からない。

だから先ずはストレッチをしていた。

それはそれで気持ち良かった。

仕事にしようと思い、町のヨガ教室に通った。

解剖学やスポーツなど、これだと思う事は積極的に学んだ。

そしてさらに深く学んでいくとアサナの練習のヒントも、一見関係なさそうなヨガの資料の中にヒントがある事を教わった。

何故先生が皮膚の動きを細かく言うのか、初めはよく分からなかった。

それはヨガ用語の中では食物鞘という解剖学的レベルの事を言っている。

それだけではなく、スピリチュアルな世界の入り口で もある。

そこから目には見えない世界へと入っていく。

そして我々人間を作り出している5つの元素 (火、水、土、風、空)。

ここが一番ヨガらしい点だと思うのだが、アサナをしている身体の状態をサトビックな状態(調和の取れた状態)に持っていくという点だ。

これらの事はヨガの本を読むと書いてある。

ではアサナにどう取り入れていくのか?

それは先生が教えてくれる。

それができて初めてヨガ体操から本当のヨガになっていく。

どんな観点でヨガをしていくのか、それによって同じ事をしていても違った事になっていく。

人生とはそんなものだ。

そんな事を考えながら明日へのモチベーションにしている自分がいる。

これから、どの様にヨガを伝えていくのか?

とても基本的な事を、大事な事を考えている。

ストーマにはなかなか慣れない。

食事も重湯から始まって3分、5分、全粥となった。

それに伴って便の量も増えてきた。点滴も昨日で終わった。

後はお尻の管が取れればだいぶ動けるようになるのだが、お尻とお腹はまだ痛む。

痛み止めを飲むほどではないが時々痛くなる。

歩いてみると術前の身体の癖があってその動きで動いているようで違和感を感じる。

身体の一部分がなくなったのだから動きも変わっていくはずだ。

早くこの身体に慣れていかなければならない。

少し焦る。

看護士さんも身体を動かしやすいストーマの装具を選んでくれた。

飛び出た腸も少しだが小さくなってきた。

今はこの状況にいかに慣れていくかだ。

そして次はいつお尻の尻尾が取れるかだ。

回復という1つの方向へ向かって全てが動いている。