退院して

手術を終えて麻酔から目覚める時は真っ白いとても幸せな処から引き戻されてくるような感じだったが、病院では何もしなくて世話をしてもらって、まるで赤ちゃんにでもなったようだった、病院から出て少しずつ外の風に触れ、当たり前の事だが自分でやらないといけない。

体力が落ちている。

それでも少しずつ動いて戻していかないといけない生きていけない。

退院の日は自然食のレストランに寄ってランチを食べて帰った。いつもだったら足りなく感じる食事も食べきれなかった。

気持ちに身体がついていかない。

死ぬまで元気に生きていけると思っていたのに、周りを見回しても1番に身体を壊してしまった。

入院している先輩達を見ていると、歳を取るということはこういうことなのか?と実感するが、まだ早すぎるだろう。

もちろん自分より若い人で、もっと苦しんでいる人は沢山いる。

なんで生きていかなくてはいけないんだろうなぁ?なんて思ったりする。ボロボロになっても死ぬまで生きていくんだろうな。

これから何ができるのか分からないが、とりあえず、できることから始めていこう。

2018年5月11日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA