過程と結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自分がヨガを始めたきっかけは瞑想です。

今あるヨガ教室のように身体の柔軟性、ポーズがいかにできるかが主でしたらヨガの道には進んでいなかったでしょう。
ヨガをするのに身体の柔らかさは全く関係ありません。だんだんと身体は柔軟になっていきます。

資本主義の現在は直ぐに結果を求めるという風潮があります。
そのために成功という定義も安易なものになってきているような気がします。

それよりもその過程が大切だという事を何千年もあるヨガの歴史は語っています。
身体を正しく使うことで健康になり、身体が元気になることで心も前向きに変化し、人生で起こってくるどんな困難も乗り越えていく力を与えてくれるそれがヨガです。
人生は結果も大切かもしれませんが、時間にしたら圧倒的に長いのは、その過程です。
成功に導くためのノウハウがたくさんありますが、その過程をしっかり実践して結果が表れ来るという事を忘れがちです。

その為にも過程は結果よりも大事なのです。
ヨガを始めるきっかけも、健康であったりダイエットであったり人それぞれです。
正しい知識、正しい方法でヨガを実践していく事で、いつかその目標が達成され結果を得られます。

自分自身もまだ過程の途中であります。
そんな自分が言っても説得力はないかもしれませんが、そう思ってヨガをしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA