2016年7月

  • アイアンガーヨガを学んでいる。
    最初の試験を受けるためには5年以上の実践練習が必要になってくる。
    さらに次を受けるためには2年以上と、とても時間がかかる。

    ヨガというものを考えた時確かにそれくらいは当たり前の時間だと思う。

    しかしアイアンガーヨガの場合、問題はその指導者が少ないということだ。
    5年という長い時間が必要であり、短期間でとれるヨガの資格の方が人気があって、そちらに多くの人が魅力を感じるのはこの国ではあたりまえなのかもしれない。

    最近、今まで学んでいた先生から連絡があり、次の試験のティーチャートレーニングはできない事が分かった。と言われた。
    ショックではないと思っていたが、やはりショックだ。

    ティーチャートレーニングを受けるには、他の先生を探さなければならない。
    1番近くて大阪になる。
    いろいろな事情があり、やる気とお金が必要になってくる。

    資格を取ることはなかなか難しい。
    資格を取ったところで食べていけるのかと言えば、そんなことはない。
    この手の資格は仕事とは結びつかないのが現実である。

    日本人の精神構造が変化し、こうした目に見えないものにも価値を生み出す事ができれば、自殺者も減りギャンブル依存症も減り、我が国ももっと豊かになっていくことだろう。
    そのためにもちゃんとしたヨガを広めていくことは大切なのだ。

  • 7月のヨガナンダレッスンは16日土曜日をお休みにします。

    24日は勇先生のアイアンガーヨガ1dayレッスンです。

    ちゃんとヨガを学び身につけたい人にはお勧めです。