何を感じ、何を思ったか?

今日歩いていて、体力が落ちているのを感じた。そして歳を重ねるということを実感した。

でも、それと同時に身体と意識が別のもののようにも感じ始めている。身体は乗り物のようである。いささか都合の良い感覚だが、本当にそう思う。

今日は雪が所々に残り、とてもきれいな風景だった。山の中は静寂そのもので、山道は遠い歴史に思いを馳せるのに十分な雰囲気だった。

25寺廻ったのだがその都度あげるお経にも疲れが出てきて、これも修行だなぁと思う。

途中この寒い中、滝に打たれている人たちもいた。そんな人たちと比べると、以前なら情けない気がしたものだが、人は人として自分と分けて考える事もでき、なんら心が揺らがなかった事に少しびっくりした。