ヨガレッスン

  • 手術後6日目。

    ベッドの上の生活も慣れてきた。特に暇を感じる事もなく本を読んだりテレビを観たりしている。根っからの怠け者には極楽、極楽だが。

    まだ何か作業をする気にはなれない。立ち上がると頭がボーッとする。なので今日はいつもより少し長く歩く事にした。歩行禅だ。運ぶ脚に合わせて『みぎあ〜し、ひだりあ〜し』と交互にラベリングをしていく。身体がポカポカしだしてくるまで歩いてみた。頭が少しだけスッキリしてきた。

    時間があるのでヨガの事も考える。ヨガを初めた頃はヨガの知識がないのでどのようにアサナをしたら良いのか分からないのでストレッチをしていた。それはそれで気持ちが良いのだが、教えると言う事を考え始めた時に解剖学やスポーツなど、その時参考にできるものを片っ端から取り入れてアサナの中に取り入れていった。そしてさらに深く学んでいくとアサナのヒントもヨガの資料の中にヒントがある事をグルジは教えてくれる。何故グルジが皮膚の動きを細かく言うのか、それはヨガの用語の中では食物鞘の事を言っている。そして我々人間を作り出している5つの元素 (火、水、土、風、空)。ここが一番ヨガらしい点だと思うのだがアサナをしている身体の状態をサトビックな状態に持っていくという点だ。これらの事はヨガの本を読むと書いてある。アサナにどう取り入れていくのか?それはグルジが教えてくれる。それができて初めてヨガ体操から本当のヨガになっていく。どんな観点でヨガをしていくのか、それによって同じ事をしていても違った事になっていく。そんな事を考えながら明日へのモチベーションにしている自分がいる。

    ストーマにはなかなか慣れない。朝少し漏れた。ほんの少しだが漏れるのだ。

    食事も重湯から始まって3分、5分、全粥となった。それに伴って便の量も増えてきた。点滴も昨日で終わった。後はお尻の管が取れればだいぶ動けるようになるのだが、お尻とお腹はまだ痛い。痛み止めを飲むほどではないが時々痛くなる。

    歩いてみると術前の身体の癖があってその動きで動いているようで違和感を感じる。身体の一部分がなくなったのだから動きも変わっていくはずだ。早くこの身体に慣れていかなければならない。

    こちらの看護士さんも身体を動かしやすいストーマの装具を選んでくれた。

    飛び出た腸も少しだが小さくなってきた。今はこの状況にいかに慣れていくかだ。そして次はいつお尻の尻尾が取れるかだ。

  • 本来ならヨガセンターを休みにせずに続けていけたら良いのだが、それができなかった。

    不測の事態ではあるのだが。北九州でヨガを始めて14年経ちインストラクターとして手元から何人かの生徒が旅立っていった。今一緒に学んでいる人の中から引き継いでやっていってもらうにはもう少し時間がかかりそうだ。

    先ずは自分の心構えが中途半端であった。
    今までは後進を育てるという事を意識してはいたが、それよりも自分の問題に取り組むという意識の方が強かったという事が身体を壊してからのレッスンでよく分かった。身体が動かせない分生徒を観るという意識と気持ちと時間が増えた。増えた分だけ生徒の事を今まで以上によく観る事ができた。これまでも観るようにしていたのだが、それとは全く違う。完全に観るという事に徹底できた。それは生徒側にも手を抜いたり気をぬくという事が出来ない状態であって、より身体への意識が強まるといことでもある。

    さらにそうすることで、様々なストレス、自分の心の中にもある種の変化が生まれてくる。変わるのは身体だけではなく心にもある影響を及ぼす事だろう。

    よく思うのだが、スポーツの世界ではコーチや指導者は観ているだけだ。観ているだけといったら語弊があるかもしれないが、一緒に練習をしているシーンは見た事がない。スポーツ選手は引退して指導者となる。選手と指導者は完全に別れている。
    スポーツの世界では一流選手が一流コーチになれるかというと必ずしもそうではない。逆に二流三流と呼ばれていた人達の方が名監督名コーチと呼ばれたりもする。
    スポーツとヨガを一緒にはできない部分もあるが、、、。

    これからは筋骨格を中心にしたアサナだけではなく内分泌や内臓にもっと働きかけるプラナヤーマや免疫力を高めていくようなリストラティブをクラスの中に入れていき、今までできなかったヨガもしていきたいと思う。

    これがいい意味でのリセットにつながるのだ。

  • 入院前の最後のレッスンでした。

    自分の中ではリセットという感じ。北九州に来て14年。鳴かず飛ばずという感じかな。それでも色んな事があった。

    飾らず気張らずあるがままの自分でいれる様にやってきた。それでも色んな人と向かい合う時に見えてくる自分というものを見つめ直す事でアイデンティティや信念を解放してきた。

    体だけのヨガで終わらせたくはなかった。

    今回の自分の見立てでは、癌(これからはポンといいます)というものが未病の状態で身体の中に存在していた。それが時折腰痛という形で自己主張をしていた。骨盤内臀部を見つめ直し解しはじめた時からポンは腰痛とは違った形で主張を始めた。だから自分では身体が解れ動きが良くなる程にポンは大きくなっていった。

    何でだろう?という疑問は残るが、いつか理解できる時がくるだろう。

    食生活や変なこだわりや色々考えられるが今は受け入れる事しかできない。

    あるヨギが交通事故に会って腕がちぎれてしまった。そなヨギは気が動転してパニックになるのではなく自分のちぎれた腕を病院に持って行って繋げてもらった。元には戻らなかったが腕はちゃんと繋がって今でもヨガの指導を続けている。

    ヨガをしていると色々な状況を受け入れる事が出来るようになってくる。それは過去や未来に囚われる心が薄らいでいき、今ここに、心が落ち着いていくからだと思う。

  • メンズヨガ

    女性ばかりのクラスの中に混ざってヨガをするのはちょっと、という声をたまに聞く。

    北九州ヨガセンターは少人数なので男性も混ざってヨガをやりやすい。

    女性と男性では違いがあるから、ただ雰囲気の問題だけではない。

    男性は硬くて女性は柔らかい。パワーヨガのように動き続けるヨガは男性が1秒で限界に達したとしても女性は2秒かかったりする。そういう微妙なバランスが合わなかったりする。

    身体が硬いと深く曲げたりすることができないけれど、伸ばすところを伸ばし曲げるところを曲げることはできる。逆に柔らかすぎると、維持するのが難しく曲がりすぎ、伸びすぎてしまってバランスを崩してしまう。

    どちらがバランスが取りやすいのかというと身体が硬いほうがバランスが取りやすくヨガらしいと自分は思う。柔らかすぎると一見できているように見えるがバランスが崩れていてヨガらしくない。だから逆にいうと柔らかい人がヨガをしてバランスを維持するのはとても大切な事になってくる。

    マインドフルネスが世の中に広がりつつあり、それに伴って男性がヨガに目を向け始めている。身体が硬い男性を見ていると日常でも身体を動かすのがきついのではないかと思う事がある。身体の自由が利かなくなったお年寄りのようでもある。身体がきついと心もきつくなってくる。

    だからただ柔らかくなるためにヨガをするのではなく身体のバランスを維持し、少しずつ柔軟性がついてくるようにヨガをするといい。左右のバランス、上下のバランス。そして身体を使っている部分と使っていない部分のバランスが大事になってくる。そんな事をレッスンを通して自分の身体を使って学んでいってほしい。

  • アイアンガーヨガ勉強会

    先日の日曜日にアイアンガーヨガ協会主催の勉強会が北九州市小倉北区で行われた。

    中国、九州地区の指導員とこれから試験を受けるという会員が集まっての会だった。2年間で6回行われた会も今回が最終の会となった。

    レベルも中級に向けての内容となり、内臓の動きなども細かく指導が入ってきて、新しい気づきもいくつか得られた。

    ヨガで使う筋肉と普段の生活で使う筋肉が全然違っていて、ヨガをすると筋肉痛がでるのだが、普通に生活をしていると筋肉痛は全然出ないでヨガで使っている筋肉を普段は全然使っていないことに気付かされた。

    今までヨガでもその部分は使っていなかったという事なのだが。

    普段使わない筋肉を使う事で身体がどのように変化していくのか、もう少し意識的に身体を動かしていく必要がある。

    己を知る事がヨガの一歩だと考えると新しいこの感覚は、一歩前進という事だろう。

  • 1day レッスン

    本日はアイアンガーヨガの1dayレッスンの日だ。

    普段教えていたり自分で練習をしているとどうしても癖や自分では気づかない身体の使い方などをする事が多い。こうして定期的に練習を観てもらう事で修正や方向性を見つめなおす事ができる。いつも1人でやっているからこそこういう繋がりは大事になってくる。

    独断と偏見で思うのだが、ヨガをする男性は少ない、声をかけても身体が硬いからとかいう声が返ってくる。何のためにやるのかその目的さえ見つける事は出来ないのかもしれないモチベーションを保つ事はさらに困難な事なのかもしれない。なかなかできないことに取り組む事は莫大なエネルギーと時間が必要になるし時にはその果てしない道のりに自分を見失う事も沢山ある。それなら初めからやらない方が良いと考える事は至極当然の事だろう。世の中にはもっと簡単で面白い事が溢れているのだから。

    この世界では女性が多くヨガに取り組んでいる。アイアンガーヨガを考える時に比較的ヨガに向いている女性も男性と同じ事が言えるのかもしれない。数あるヨガの中で何もアイアンガーヨガを選んでやる必要はないのである。アイアンガーヨガは身体一見柔らかい女性にとってもやはり難しいよう。男性がヨガに取り組むのと同じく事がアイアンガーヨガにも言えるのかもしれない。特にこの日本においては。

    日本人というアイデンティティは自分よりも他人を意識し常に外へとその目は開かれている。だからこその発展を明治以来遂げてきたのだろうが、自分を見つめ考えるという事は苦手なようだ。ここにきて様々な問題が表面化してきているが、このアイデンティティを変えていくにはもう少し時間がかかるのかもしれない。もう少し時間や生活にゆとりが生まれ自分を見つめ直す機会が増えてきた時に日本のヨガは大きく発展していくのだろう。

  • ヨガセラピーWSを終えて

    ヨガセラピーという事で4日間学んできたが、アイアンガーヨガでセラピーのクラスを持てるのはシニアクラスの資格を有する必要がある。

    では、何故こういうお勉強をするのかというと、問題を抱えた人達というのは実に多く、ヨガをやりに来る人も多いという事だ。そしてそういう問題を抱えた人達と接する機会が多いのも、これから指導者として経験を積もうという先生が1番多く接することになる。

    なのでレギュラーのクラスの中でどのように観ていくかという事大きな課題になってくる。

    だからこそ道具を駆使し痛みを和らげ回復するようなやり方を指導していかなければならない。

    今回のたったの4日間だが、学んでいて今教わっている事はあの人にいいなぁと頭に数人の顔が浮かんできた。

    こういうセラピーという面からアサナを観ていくと、今までの練習とは少し違った視点が得られる。その事が教える事への深みと幅になってくれるといい。

    次回は来年。だいぶ空くが今回学んだ事をしっかり自分のものにしていくにはそのくらいの時間と経験が必要だ。逆に身体を壊さないやり方でしっかり練習を積み重ねていこうと思う。

  • ヨガセラピー

    今日から4日間のワークショップで神戸に来ている。

    昔アイアンガーヨガを始めた頃、先輩にアイアンガーヨガの本質はメディカルにある。と言われた。その事が頭の中にずっと残っていた。

    6回コースで3年かけて学んでいく。

    今までの経験だと、こういうケースにはこういう風に対処していく、というような事を学んでいくのかと考えていたら少し様子が違った。

    ヨガセラピーをどのようにやっていくのか?という基本的な事からの学びになった。

    興味深かったのは解剖学的、医学的に見ていくのかと思っていたら、3つのグナ(ラジャス、タマス、サットバ)で身体を観ていく。

    今回のコースは脚を観ていくのでポイントを色々学んだ。

  • 捻れば花開く

    捻るポーズは直接内臓に効いてくる。

    人間はねじりながら生まれてくるという。そして非対称にできている。

    そのアンバランスが体の不調を生み出す一因にもなっている。

    だから捻るアサナをもっとするべきだと最近思う。

    メディカルヨガの本の中には捻ることによって肋間筋も柔らかくなっていく事が書かれてあった。

    内臓だけでなく胸部も柔軟にする。胸部が柔軟になることによって呼吸も深くなっていく。

    体はより良いループに入っていく。

  • それぞれのクラス

    今日は門司区でのヨガクラスだった。

    2時間のクラスが2本。

    午前のクラスはおしゃべりが混じり和気藹々としたクラスで、終わった後にお茶の時間まである。毎年誕生日にはプレゼントまでくれる。

    それに比べて午後のクラスはおしゃべりもなく黙々とアサナをしていく。

    新しい人はあまり入ってこないが、どちらも長く続いている。

    他にもあるそれぞれのクラスで目的が違うようだ。

    同じ事をやっていても学んでいるところはそれぞれのようだ。

    教えていてヨガの深さ楽しさをもっと伝えていけたらと思う。

    それぞれのクラスに合った特徴を大事にいつの間にかヨガの深みにはまっている、そんなクラスを作っていきたい。