ヨガ遍歴2

若い頃は元気で可能性に満ちている。経験もなく、何とかなると思っている。賢い人達は大人達が築きあげてきたシステムの一員になる事が生きる道だと悟っている。それに比べ自分は自分探しの旅に出てしまい、これだと思ったヨガに出会った。今思うと決して自分に向いているとは思えない。今出会っていたら、その身体の硬さからやる前から諦めていただろう。

1年のアジア放浪から帰ってきたのは良いが、まったく何も手につかなかった。とりあえずお金を貯めて旅に出る事しか頭に浮かんでこなかった。そんなこんなでやっと軽トラの宅配便の仕事に就く事にした。久しぶりに走る東京はどこもかしこも風景が同じでまったくと言っていいほど道を覚えることができなかった。また、朝から晩まで働くという当たり前の事さえ苦痛でできなかった。そんな中、旅で出会ったヨガをしてみようと思ったのだ。本屋に行き本を買い1日1ポーズずつ覚えていこうと決めた。

最初に出会ったポーズはジャーヌシールシャアナサ、前屈のポーズだった。夜寝る前にベッドの上でポーズをしてみた。本に書いてある通りに呼吸を意識しながらやってみた。硬くなっていた背中が気持ちよく伸び、身体の硬さが感じられた。ポーズが終わった後はリラックスしながら、そのまま寝る予定だった。布団をかぶり寝ようとしても何故か眠れなかった。頭の中がグルグルと動き出し、色々な事が頭の中を駆け巡っていった。朝は5時に起き荷物の積み込みをしなければならない。結局朝まで頭の中はグルグルしたままだった。

このたった1つのポーズが、こんなにまで影響を与えた事に驚き、ヨガの凄さを何故か感じてしまった。それから数年間毎朝ヨガをするようになった。終わった後の爽快感とスッキリ間は朝食を摂るまでしか続かなかったが、ヨガの恩恵をしっかり感じるには十分だった。

アイデンティティとヨガ

そこに欲求と抵抗があるとアイデンティティが生まれる。アイデンティティは自分に服を一枚被せるようなもので、本来は着たり脱いだりできるものなのだ。でも同じ事をずっとしていると、その服、役割が身にしみてしまい脱ぐ事をいつしか忘れてしまう。

では、どんな服を着るのか?お母さんという同じ服でも、人それぞれ違う。その人がどこに反応するかで、その柄は変わってくる。やりたくない事をやらされた時、ものすごい抵抗が生まれてきたが何らかの理由でそれをしなければならない時に服を身にまとい始める。気がつかないうちにそれは身に付いてくるのだ。そして本人も気づかないうちに相手に同じ事を(この場合、嫌がる相手に無理に何かを頼むという事)するようになる。

子供から大人まで人はこうして何枚も服を重ね着していく。そしていつしか身につけている事すら忘れてしまい、これが本来の裸の自分だと勘違いしてしまうのだ。

この事で身体と心に緊張を作り出し、人間関係にも支障をきたしたり、無理をして具合が悪くなっていったりもする。

本来の自分、アイデンティティを身につける前の自分に出会う事でこの問題は解決される。上手くこのアイデンティティを使いこなす事が出来れば役者のように色々な体験ができるのかもしれない。

ハタヨガは身体を観察し心を観察して、このアイデンティティを外していく。
筋肉をコントロールして力を入れたり緩めたりすることで身体をコントロールしていく。
そうすることで自分の中心へと近づき、意識も自分の中心へと向かい本来の自分に還っていく。

ヨガ遍歴1

20代にアジアを旅している時、ネパールでヨガに出会った。バブルの頃だ。

精神世界への入口でもあった。クリシュナムリティやバグワン シュリ ラジニーシ(オショウ)などを知ったのもその頃であった。旅の途上であったという事がとても大きな意味を持っていた。これが日本で出会ったとしたら今の自分があったのかどうかわからない。アジアはその頃の日本に比べると貧しく生きるのに必死だった。

ゲストハウスの本棚に置かれた、これらの本を読み漁るようにして時間を過ごした。本当の自分とは?瞑想で得られる境地とは?宗教というまのがぐっと身近に感じられ、今まで興味のなかったお釈迦様や聖者といった存在に興味を持つようになった。どのように生き、どんな行いをしどのように死んでいったのか。そして自分はどのように生きていけばよいのか。暗中模索の中、時間はゆっくりと流れていった。

アイアンガーヨガの指導者認定試験

アイアンガーヨガを学んでいる。
最初の試験を受けるためには5年以上の実践練習が必要になってくる。
さらに次を受けるためには2年以上と、とても時間がかかる。

ヨガというものを考えた時確かにそれくらいは当たり前の時間だと思う。

しかしアイアンガーヨガの場合、問題はその指導者が少ないということだ。
5年という長い時間が必要であり、短期間でとれるヨガの資格の方が人気があって、そちらに多くの人が魅力を感じるのはこの国ではあたりまえなのかもしれない。

最近、今まで学んでいた先生から連絡があり、次の試験のティーチャートレーニングはできない事が分かった。と言われた。
ショックではないと思っていたが、やはりショックだ。

ティーチャートレーニングを受けるには、他の先生を探さなければならない。
1番近くて大阪になる。
いろいろな事情があり、やる気とお金が必要になってくる。

資格を取ることはなかなか難しい。
資格を取ったところで食べていけるのかと言えば、そんなことはない。
この手の資格は仕事とは結びつかないのが現実である。

日本人の精神構造が変化し、こうした目に見えないものにも価値を生み出す事ができれば、自殺者も減りギャンブル依存症も減り、我が国ももっと豊かになっていくことだろう。
そのためにもちゃんとしたヨガを広めていくことは大切なのだ。

7月のヨガレッスン

7月のヨガナンダレッスンは16日土曜日をお休みにします。

24日は勇先生のアイアンガーヨガ1dayレッスンです。

ちゃんとヨガを学び身につけたい人にはお勧めです。

年齢とレッスン

長年に渡ってヨガとかかわってきた。
練習の内容も自分の目的によって変化してくる。

最初の頃はもっとすごいポーズができるようになりたいとか思ってやっていた。
そんな期間が長く続いたが、あまり進歩ないまま月日が流れていった。
そのうち体に痛みを感じるようになり、解剖学の本や様々な他のメソッドを取り入れてみたりもした。

いつしか練習をさぼりがちになる。
始めたころは毎朝かかさず練習をしていた。
痛みを感じ始めるころ練習は毎朝ではなくなっていった。

痛みややる気、自分と向き合う事が増えてきた。
それでもこうして長年ヨガを続けてこれたのは人に教えるという立ち位置を得ていたからだと思う。
今度は精神的な事も学ぶようになってきた。
ヒプノセラピーもその一環だ。
心と体は確実につながっている。
ヨガが上手くなりたいと思う心があり、それが痛みをつくりだしていたりもする。
そのことに気づいた時練習の仕方、考え方にも変化が訪れる。

最近は体の調子がめちゃくちゃ悪くなってきた。
練習をすると良くなるのだ。かかわりも変化していることに気づく。
そして今まで何でもなく思っていたポーズがすごく大切なポーズなのだとわかる。

年齢と共にヨガは変化してくのだ。

ポジティブ、ネガティブ(心の声)とヨガ

先日、聞き方講座で学んだ事だが、心に出さなくても気持ちは相手に伝わるという事を、oリングテスト(筋反射テスト)を使って実験をした。

ポジティブな思いは自分だけではなく相手にも良い影響を与える。
眉間にしわを寄せて話すとネガティブなエネルギーが起こり、、眉毛を上げて話すとポジティブなエネルギーがおこる。
そしてそれは確実に相手に伝わる。

どうせなら楽しく人とは接したい。

眉毛を上げていると、心が自然とウキウキしてくるのは自分だけだろうか?

ヨガレッスン中も眉間にしわを寄せて頑張っている人がいる。
頑張るのは良いが、ちゃんと体に力が入らず無駄な力が入ることがわかる。

心の問題を解決していくためにも、せめて眉間にしわを寄せずに過ごしたいものだ。

アメリカのテレビドラマで最近よく見ている番組に「Lie to me」というのがある。
顔の表情やしぐさで相手の心を読んで問題を解決していくストーリーなのだ。
心の動きは表情に出るものなのだ。
怒り
恥じらい
蔑視
秘密
などなど。

心の動きが体に現れる、その癖を修正していく作業がヨガでもある。

ヨガでも心をしつけていく事ができる、そしてポジティブな気持ちを維持することで楽しい毎日がやってくる。

アイアンガーヨガ 1dayレッスン

毎月アイアンガーヨガの集中レッスンを北九州ヨガセンターで行っている。午前3時間、午後3時間の6時間、1日かけてびっしり学ぶ。
とは言っても自分の感覚では、6時間のレッスンで一通り、やる事をやり終えるという感じだ。ちゃんとやるには6時間ぐらいの時間が必要なのだ。レギュラークラスのレッスンが中途半端な物足りなくさえ感じられてくる。

さて、昨日のレッスンはウッティタ トリコーナーアサナから始まった。

いつも手を床にはつかないでやるのだが、今回はブリックを使い掌をしっかりと着けて行った。腕が安定することで胸をしっかりと解放させる事ができ身体に伸びとスペースが生まれる。

このカチコチに固まった体は中々解れてはいかない。心の中にもおなしくらい頑固でコチコチな部分が存在しているのだろう。ヨガをするという事は自分のアイデンティティを変えていく事でもあるのだと思う。

来月の1dayレッスンは24日だ。

フランクリンメソッド

『骨盤力』といういう本がある。フランクリンメソッドといい、骨盤底をメインにしたエクセサイズ本である。解剖学を始め身体の事を勉強していると色々なメソッドやワークに出会う。この本も翻訳される前に知り、読めもしないのに英語の本を購入しそのイラストを眺めては楽しんでいた。
ヨガを長年続けているとやはり股関節や仙腸関節を始め骨盤周りの動きが大切たという事に気づく。

身体を動かすセンスも頭もあまり良くないので、何度も何度も繰り返し練習をする。それでも分からない、気づかない事がある。

だからこそ、常にどうなのか?という視点を持ちながらいると、色々な情報が入ってくる。
ヨガをしているからといって身体の事がわかるのかといえば、学ばなければわからない。

このフランクリンメソッドもとても勉強になる。

アイアンガーヨガは他のものと混ぜて教えてはいけないという決まりはあるが、長くやっていると結局同じことを言っているんたという事がよくある。

ヨガを通して色々なものを体現していくことが、自分にとってのヨガでありライフワークなのだといつも思う。

スポーツクラブと高齢化

スポーツクラブでのヨガは、どうしても他の運動と横並びになってしまう。つまりヨガらしさよりも他のエアロビクスなどの他のスポーツと同じレベルの内容になっていくという事だ。それでは本当のヨガは広まらないと考えている。
そんな中でも自分がするヨガは身体の動きにフォーカスをあて、より意識して身体を動かす事を心がけている。どのスポーツにも大切な事なのだが、この事を指導に取り入れている指導者は少ない。
自分が10年以上通っているクラブの会員さんも一緒に歳を重ねてきている。昨日ヨガのレッスンがきついと言ってこられた。年齢にあったヨガをするべきだと反省。

身体の特に硬くなる部分を中心に背骨を伸ばしていく動きに内容を変更。

一週間に一時間、一度のレッスンの中で、新しく入ってくる人も少ない。もっともっと来てくれる人の変化を受け入れそれぞれの立場になって身の丈にあった指導を心がけてゆきたい。